2007年05月20日

玄関から物置までのアプローチの除草と水溜り解消の為に『ハイドサイド』

毎年、花壇の横の通路の草むしりと雨が続くと水溜りが、物置の入り口の前に出来るのが、悩みの種でした。
4月から10月まで、毎月1〜2回 草がすぐ伸びるので、草むしりをしなくてはいけないのが、苦痛で、何かいいものがないか探していました。

そこで近々、当社サンヨウの『住まいる通販』で扱い始める、『ハイドサイド』という除草効果と水の浸透性がある土固め剤の効果を試してみたいということもあり、使用することにしました。

ha05.JPG

特徴は、
1.根深い雑草も強力に防ぎ、多少の車の往来にも対応できる強い強度があります。
2.短時間で施工でき、2〜3時間で上に上れます。
3.優れた透水性、保水性があります。
などです。

 
天気のよい日に、会社の同僚の力を借りて、『ハイドサイド』を施工してみました。
土留めには、『ドミノレンガ』『パッチワーク・ブロック』を使いました。
それでは、その様子をご覧ください。

1.施工前の状態です。

ha01.JPG


2.施工部分を整地し、花の部分との境目を少し深めに整地しました。

ha11.JPG


3.土留めのため、花の植えてある所と境目に『ドミノレンガ』を施工しました。
『ドミノレンガ』は、置くだけで、施工出来ます。
また、アールを作ることがこの『ドミノレンガ』は簡単に出来ます。
寸法が合わない場合は、『ドミノレンガ』のつなぎ目を「たがね」ではがし、丁度よい大きさにします。

ha03.JPG ha04.JPG


4.さて、いよいよ『ハイドサイド』を捲きます。
量は目安として、1uあたり2袋です。

施工場所に、「スコップ」、「くわ」などで『ハイドサイド』を均一にし、「こて」でさらに隅々まで押さえます。

ha06.JPG ha07.JPG


5.次に、『ハイドサイド』を敷いた所に、水を霧状にして、隅々まで十分に撒きます。

ha08.JPG ha09.JPG


6.これで完成です。
表面は、1時間ほどで、硬くなりました。

ha10.JPG


1〜5の作業を3人で、約2時間で完了しました。

面積は、1.2m×4.5m=5.4uです。
『ハイドサイド』使用量11袋

翌朝、施工した『ハイドサイド』の上に登ってみましたが、完全に固まっていました。


今までは、たくさん雨が降った後は、物置の前に水溜りが出来ていたのですが、『ハイドサイド』を施工後は、水の浸透性がよく、水溜りが出来なくなりました。

この商品は新商品として『住まいる通販』で販売しておりますのでご興味のある方は、
お問合せ下さい。
お問合せはこちら

フリーダイヤル 0120−821−095
posted by チームEXくん at 15:31| 除草と水溜り解消『ハイドサイド』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。