2007年03月14日

庭の隅を「坪庭風」に、リニューアル-その3

今度は、そこに、『レイニーストーン』玉砂利を4cm程の厚さで敷き詰めて行きます。
odk009.JPG
こんな感じで、敷き詰めます。
この石は、淡い白色で少し艶があって、大理石のボヤケたような色合いが、とても気に入りました。(インテリアなんかにも工夫して使っても、おもしろいかもしれませんね。)

ここで、ちょっと玉砂利の豆知識です
最近では、物騒なニュースばかり目にしますが「玉砂利」は、防犯対策にも、役立ちます、ドロボウが、「ジャリジャリ」と足音がでるので、いやがると聞きました、実際に『防犯ジャリ』と言うものあります。
「玉砂利」と聞くと、白と黒をイメージされる方が多いと思いますが、いろんな色のピンク、イエロー、グリーンなどカラフルなジャリも増えてきてます。

私の家の場合は、塀が建ち上がった角地でしたので、明るく映えるホワイトを選び正解でした。「気分もリフレッシュ!」
odk010.JPG odk011.JPG
以前からあった古いレンガも上手く踏み石に使ってみました。「リサイクルの時代ですからね。」その辺は、みなさんもアイデアしだいでトライしてみては、いかがでしょうか。


odk012.JPG odk013.JPG
「施工後です、こんな感じになりました。」
もうすこし暖かくなると、多年草のハンゲショウやオオバギボウシが芽を出して、白や薄紅色の花を咲かせてくれることでしょう。
今年は、もっと花の種類を増やしてあげようかと楽しみにしています。
「みなさんも自分なりに、お庭を楽しんでみてください、案外、簡単にできますよ」


posted by チームEXくん at 09:39| パッチワーク・ブロックと玉砂利で坪庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

庭の隅を「坪庭風」に、リニューアル-その2

今回、使用しました商品を簡単に紹介いたしますね。
まずは、「えっ、パッチワーク・ブロック」って?あまり聞いたことがないよ〜」って思われるでしょうが・・・?
これは、色違いの色んな形のレンガを組み合わせ張り合わせて、一本に、なっています「西洋の古い、お城の壁って感じかな。」初心者の方向け「簡単、置くだけタイプのレンガブロック」って言ったところでしょうか。

odk005.JPG
写真のように、あらかじめ決めたラインに沿って、『パッチワーク・ブロック』を連続して並べて花壇にしてみました。
普通は、レンガやブロックの積む場合、1段目の施工は、練りセメントを底に置き、その上に、1段目のレンガを乗せて行くのですが今回は、後でデザイン変更や模様替えなどが直ぐにできるように、このように直接、少し掘り下げた所に、置いていくだけにしました。

odk006.JPG
今回は1段積みですが「もう1段ぐらい重ねていったら、もっと良くなるかな?」って、思います。

odk008.JPG
次は、花壇のまわりを整地し、玉砂利を敷いて行きます。

posted by チームEXくん at 09:13| パッチワーク・ブロックと玉砂利で坪庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

庭の隅を「坪庭風」に、リニューアル-その1

毎年けっこう雪が積もり、春が待ち遠しい北陸の冬。
ところが今年は、いっこうに雪が降らず、暖かくなってきたので、自宅の裏庭を自分で何か少し手を加えて見ようかな思いました。(施工は2月の雪のない日に行いました。)
odk003.jpg
「と言っても角地、通路程度の広さですが・・・」
「あまり手入れもしてませんので、殺風景な感じですね。・・・」

そこで、レンガと玉砂利を使い、落ち着いた感じの「坪庭風」に仕上げて行きたいと思つき、『パッチワーク・ブロック』と、天然の石を磨いた玉石『レイニーストーン』にしました!
od001.JPG odk002.JPG
最近では、このような玉砂利やレンガブロックまで、通販で購入できて、注文すれば数日で自宅まで、届けてくれる便利な時代になりましたね。




タグ:砂利
posted by チームEXくん at 09:38| パッチワーク・ブロックと玉砂利で坪庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。